FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑さ寒さも彼岸まで、という言葉そのままに、すっかり秋らしくなりましたね。
私は昔から暑いのが苦手なので、秋風が吹き始めるとほっとします。

「スペースふくろうの木」を開いて二度目となった今年の夏は、いろんなことを考える機会がありました。
一年目は、あまり深く考えすぎないように、とにかく今、目の前にいらっしゃるクライアントさんに満足していただけるセッションを心がけていました。
それはある程度クリアできたのではないかなと思えるようになった二年目の今年、さらにもう一つ踏み込んだ“何か”ができないものかな、と思っていました。

人は誰でも、イキイキと自分らしく、幸せに生きていきたい、そう願っているはずです。
けれども、“自分らしさ”にコミットするのはなかなか難しい。
この一年、つくづくそのことを思わずにいられませんでした。

社会というものは、人に「枠」を与えます。
もちろん、その「枠」には人が安全に生きていくために必要な機能があり、メリットもたくさんあるのですが、ともすると、「人そのもの」の個性を押し殺してしまう面ももっています。

フト気がつくと気持ちが落ち込んでいたり、それが続くと生きることが虚しく感じられるようになったり・・・
そういうときって、大体「自分」よりも「枠」にフォーカスしているときで、そのココロのからくりは、主に「比較すること」「制限をかけること」からきています。

私たちは生まれてから、今まで、絶えず“誰か”や“何か”と比べられ、その可能性に制限をかけられてきました。

そして、いつの間にか無意識のうちに、自分自身でそうするようになります。
「あの人に比べて自分はダメだ」
「~に比べたら、自分はまだマシ」
「どうせ私なんか」
「自分はせいぜいこのくらい」

自分を何かと比較して得られる優越感も劣等感も、決して私たちを幸せにはしません。
私たちのスピリット(魂)には、限りなく大きなパワーが秘められているにもかかわらず、比較をすることで、その可能性は限界が生まれます。

何かと比べることなく、自分は自分のままでいい。
生きづらさを越えるために、私たちは「自分そのもの」に戻ることが必要になります。

そして、あなたがあなたらしく生きることを許したとき、幸福は無条件でやってきます。
自分を「比較」と「制限」から解放することで、あなたはもっと自分のパワーを発揮することができるでしょう。

比較と制限のない世界は、ジョン・レノンが「IMAGIN」に歌うようなユートピアに思えるかも知れません。
でも、一人ひとりが、自分の内側からそのエネルギーを手放したとき、その世界はきっと近づいているはずです。
逆に、一人ひとりが「自分そのもの」を生きることができなければ、お互いのなかにあるかけがえのなさを尊重することもできず、社会は窮屈で温かみのない場所になってしまうでしょう。

一人ひとりが「自分そのもの」にコミットとして生きる、そのお手伝いをさせてください。

そのために、10月から「おまかせ変容ワーク」のセッションが新たに始まります。
今、モニターセッションをさせていただいていますが、とても好評です。
楽しみにしてください。
Secret

TrackBackURL
→http://owltreerayco.blog103.fc2.com/tb.php/134-2b5e6258
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。